銀行の口座の開設ならキャンペーン中の銀行口座がおすすめ!

新生活を始めるときや、引っ越しや就職など自分の周りの環境が変わったときに一緒に新規でつくるものといえば、銀行口座ではないでしょうか。

今回は、そんな銀行口座を選ぶときのコツを開設します。
銀行口座なんて、どこを選んでも同じだよ、という人もいますが、それは違います。

上手に、自分の使い方に合った銀行口座をメインバンクとして選べば、利便性やお金の貯まり方も違っていきます。
銀行口座は、基本的に長期間、継続して使っていくものです。
だからこそ、自分がメインとして使う銀行の口座選びはとっても重要なんです!!

今回は、銀行口座の選び方のポイントを紹介するので、おすすめの銀行口座を知りたい人は参考にしてみてくださいね。

銀行の口座を開設をするとき注目すべきポイント

4月からは、新年度のスタート。
新しい生活が待っているという方もたくさんいらっしゃるはずです。

新しい生活と同時に銀行口座の開設も必要ということはありませんか?
給与口座としての開設はもちろん、定期預金等の貯蓄の為など口座を複数持っている方は多いです。

今現在、大手「メガバンク」と呼ばれる全国展開している知名度の高い銀行に加えて、地方密着型の「地方銀行」・インターネット上の銀行として実際の店舗がない「ネットバンク」など様々な銀行があります。

そこで、いざ「銀行口座を開設しよう」と思っても、どのように選べばよいのだろうと迷ってしまいます。
そんな時に是非注意していただきたいポイントなど、『今、開設するべき銀行口座の選び方」についてご紹介していきたいと思います。

新たに口座開設を考えていたという人も、いままでなんとなく作った銀行口座を利用していたがこれでよいのかな?と思っている方も、是非これを読んで自分にあった銀行口座を発見してくださいね。

まず選び方の基本のお話をしましょうか。

銀行口座を選ぶにあたって、みなさんが考えているのは
・「馴染みがある銀行」
・「普通預金や定期預金の金利がよい銀行」
のどちらかではないでしょうか。

後者に関しては、ある程度の金額を預けることを前提としての考え方です。
いままでであれば、通常の町中にある銀行よりも『ネットバンクの方が金利がよかった』ということもあり、後者の方にはネットバンクが人気でした。

しかし、ご存知の通り2016年2月に「マイナス金利」となってしまってからは、すべての銀行の金利が下がってしまいました。
なので、ネットバンクのお得さもなくなってしまったんですよね。
残念ながら、「普通預金や定期預金の金利がよい銀行」を探す、という選び方では、今はどこの銀行もほとんど差がない状況です。
現状は、金利にこだわって銀行口座を選ぶのは、それほど旨みがないと言えるでしょう。

では、前者の方のように「馴染みがある銀行」を選ぶのが良いのでしょうか。
「家の近くにある」「昔から知っている」「大手だから安心」といった馴染みで選んでしまうのが得策なのでしょうか?
やはり、それについてもノーと言えます。

今の銀行口座の選び方は
『いかに便利に使えるか』
『キャンペーンなどと併用していかにお得なサービスが受けられるか』

という観点から選んでゆくことが重要な時代になったのです。

ひと昔前は「キャンペーンでお得なサービス」などは、あまりありませんでした。
あったとしても、銀行口座のキャンペーンなんて、目立ったものは見られませんでしたよね。
そのため、銀行口座の開設キャンペーンと言われても、いまいち、ピンと来ないかたもいらっしゃると思います。

しかし、最近は、ネットバンクの銀行口座の開設キャンペーンが非常にお得なんです。

ネットバンクには、様々な工夫があります。
店舗をもっていないからこそできるお得なサービスや、開設後の利用がとても便利になるサービスが、そこには、たくさんあります。

ネットバンクの銀行口座を開設するのがおすすめな理由

たとえば、ネットバンクは、コンビニエンスストアと提携しています。
ネットバンクは、基本的に店舗をもっていませんから、その弱みを補うために、コンビニエンスストアと提携し、コンビニエンスストアのATMを使えるようにしているわけです。

セブン銀行やローソン、ミニストップなどを見れば分かると思いますが、コンビニは、基本的に、全国どこにでもありますし、時間も問わず営業していますよね。
そのおかげで、家の近くだけでなく旅行先・出張先でも便利に利用できますよね。

もちろん各社規定はありますが、提携ATMの利用手数料もかからないことが多く、また、提携ポイントサービスがたまるサービスもあります。

それでは、具体的に、どこの銀行口座がお得なのかを紹介しますね。

じぶん銀行で口座開設するメリット

銀行口座の開設を検討しているかたで、AUユーザーの方に、是非ともおススメしたいのが「じぶん銀行」の口座開設です。

じぶん銀行という名前はご存知でしょうか?
あまり聞いたことがないというかたもいらっしゃると思いますが、ネットバンクのなかでは大手に分類される人気の銀行です。
これからご紹介していく「お得なポイント」や「AUユーザー向けのキャンペーン」なども人気の理由ですが、他にも「安心感」「便利なサービス」で注目をあつめています。

「安心感」という点は多くの人が注目する点です。
実際に街中にある銀行とは違い、ネットバンクは顔が見えない・店舗がないというところから多少不安に思う人も多いはずです。
その点じぶん銀行は安心して利用できます。

「KDDI」と「三菱東京UFJ銀行」。
この2社の名前を知らないという人はほとんどいませんよね。

この日本有数の超がつくほどの有名会社2社の共同出資で運営されているのが「じぶん銀行」です。
じぶん銀行は、大手企業が出資しているため、金融機関としての信頼度も高く、安心してお金を預けることができるでしょう。

そんなじぶん銀行は、その信頼性の高さだけでなく、ユーザーの満足度も高く、2017年1月の「第13回金融機関ランキング」『ネットバンキング』部門においてみごと第1位に輝いています。また、他にもさまざまなアワードで受賞歴があり、じぶん銀行の便利さ・顧客満足度の高さがうかがえます。

そんなじぶん銀行でのお得なサービスについてご紹介します。

まずはauユーザーでなくても受けられる特典「じぶんプラス」というサービス。

これは簡単にいうと、口座をつかえば使うほどさらにお得になっていきますよ、という内容のサービスです。
残高金額や利用内容によって段階分けされて、段階によって「ATMの利用手数料の無料になる回数が多くなったり」「他の銀行口座への振り込みが無料になる」のがお得です。

その他にも、残高確認はもちろん、振込や外貨取引まで銀行に関することが、すべて専用のアプリケーションで管理することが可能というところも便利な点の一つです。
もちろん、アプリの利用料金も無料ですよ。

ほかにも、じぶん銀行同士の振り込みであれば「相手の携帯番号」だけで行うことが可能であったり、電子マネーチャージができたりと非常に便利なサービスがそろっています。

auユーザーの特典も、かなりお得です。
上記内容にプラスして、auの発行しているプリペイドカード「au WALLET 」のポイントもたまります。

まずは、新規での開設特典として、じぶん銀行の口座からau WALLET にチャージすると、最大で2500ポイントもらえるキャンペーンがあります。これはチャージした金額の5%がポイントとして還元されるというもので最大で2500ポイントをゲットできるのです。
また、じぶん銀行の口座からauの利用料金を引き落としに設定するだけで、毎月200ポイントがもらえます。

このようにauユーザーでなくても便利に利用でき、auユーザーであれば便利なうえにとってもお得なサービスを受けることのできる「じぶん銀行」は今一番注目するべきネットバンクです。新規での口座開設を検討している人には自身をもっておススメしたい銀行です。

じぶん銀行の口座開設については、以下の記事でも詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

じぶん銀行の口座開設のキャンペーンがあまりにもauユーザー贔屓すぎる!!

住信SBIネット銀行で口座開設するメリット

住信SBIネット銀行とは、港区六本木に本社を構える「株式会社SBI証券」のネットバンキングのことです。
よって、株式会社SBI証券での取引と連動して利用することで、とてもお得で便利に利用することができます。これが住信SBIネット銀行で口座開設する一番のメリットといっても過言ではないでしょう。

「預り金自動スィープサービス(SBIハイブリッド預金)」というのはご存知でしょうか?

これは、銀行に預けた預金を、株式等の買付代金に充当できるサービスのことです。
要するに、住信SBIネット銀行の口座に預けてある自分のお金を、SBI証券における株の売買等のお金として利用することができます。

しかも利用手数料が無料という嬉しい内容となっています。これは株の売買等の取引の際に必要となる信用取引口座を開設していない場合でも気軽に株式等の買い付けができるということを意味しています。

預金残高がそのまま「買い付け余力」として反映されるのは株をやっている人からすればとても嬉しい内容であるといえます。
また、この「預り金自動スィープサービス(SBIハイブリッド預金)」であれば普通預金の金利が通常、0.001%のところ、0.01%に上がります。マイナス金利でしかもどこの銀行でも金利がとても低いいまだからこそこの金利アップはとても魅力的ではないでしょうか。

ここまでは主にお金を預ける人・給与などの受け取り口座にする人向けというよりも、株式のやりとりをメインとして口座開設を検討している人向けの内容となっています。しかし、ほかにも住信SBIネット銀行には魅力的なサービスがたくさんあります。

その中の1つが「スマートプログラム」と呼ばれるサービスです。これは住信SBIネット銀行の口座の利用状況や利用回数に応じて段階分けされたコースが設けられ、段階に応じてお得なサービスが受けられるという内容です。具体的には、ATMの利用手数料や、他の銀行への振り込み手数料が無料になる回数がかわってきます。

このようなサービスは他のネットバンクでもよくみられる内容ですが、住信SBIネット銀行のすごいところは「最大で15回まで無料」になる点です。15回まで無料となる銀行はなかなかありませんので、頻回に取引をする可能性のある人は住信SBIネット銀行をおススメします。

スマートプログラムのランクを上げるために簡単な方法は、「SBIレギュラーカード」というクレジットカードの支払口座を、住信SBIネット銀行にすることでランクが1段階あがります。
また、カードが「SBIワールドカード」「SBIプラチナカード」「SBIゴールドカード」であれば2段階あがります。
上記のクレジットカードを利用している人にとっては口座を開設し、引き落とし口座に設定するだけで無料でATMが利用できるのですからこれは開設しない理由がありませんね。

このようにお得がいっぱいの住信SBIネット銀行。株の取引きをしている・SBIのクレジットカードを使っているなど、自分のライフスタイルに合っているという人は是非作ってみてください。

新生銀行で口座開設するメリット

2000年に、名称を「日本長期信用銀行」から「新生銀行」に改め、新しいスタートをきったこの銀行は、銀行業界に新しい風をつねに送り続けています。

いまでは当たり前となった、コンビニエンスストアのATMと提携して、キャッシュカードがコンビニでも利用できるというサービスをいち早く導入したのも新生銀行です。

ネットバンクを選ぶときに「便利さ」を重視して選ぶ人も多いはずです。
ひと昔まえよりもたくさんの銀行があり、様々なサービスがある現在は利用者がしっかりと自分にあった銀行を選ばなけらばならない時代になりました。
そこでおススメしたいのが新生銀行での口座開設です。

新生銀行では先ほど書いたように、とても斬新で素敵な魅力がたくさんあるサービスをそろえています。どこの銀行で利用しようか悩んでいる・株や先物取引などではなく、通常の預金や給与受け取り口座を探しているといった方には是非検討していただきたいです。

まず、これは他銀行とは比べ物にならない特徴の一つとして「コンビニのATMが、いつでも何回でも出金手数料が無料」です。
これは驚きの内容ですね。
他の銀行では、預金残高や、利用内容に応じて1回~10回程無料になるというランク別のサービスが多い中、新生銀行では何回でも無料なのです。

しかも、無料となる提携ATMの多さにも脱帽です。まずは大手コンビニのセブンイレブンやファミリーマートに設置されている「Enet」というATMが無料です。そしてローソンやミニストップの「イオン銀行ATM」も無料。

さらにはJRの構内にある「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」や、「ゆうちょ銀行ATM」まで無料なのです。ここまで無料のATMが多ければ、普段の生活で困らないことはもちろん、旅行先や出張先などなれない地に行ったとしても無料で利用できるATMを見つけるのは容易ですよね。

さらに嬉しいのは上記の提携ATMであれば時間問わず無料な点です。いくら無料で利用できるといっても昼の時間だけでは意味がない!という人もいらっしゃるはずです。夜中でも早朝でも新生銀行であれば無料で利用できます。

ところで、ちょっとお話は変わりますが、レンタルDVDやCDでお馴染みのTSUTAYAのTカードはお持ちですか?

いまはTSUTAYAだけでなくスーパーやドラックストアなど様々なところでTカードのポイント「Tポイント」がたまるようになりましたね。

新生銀行もTカードと提携をしています。
先ほどATMが無料で使えるとご説明しましたが、ファミリーマートのATM「Enet」を利用すれば手数料無料なだけでなく「Tポイント」が溜まるのです。

これが新しい、「Tポイントプログラム2016」というサービスなのです。
Enet利用一回につき10ポイントがもらえたり、ほかの銀行から自分の新生銀行口座に振り込みがあると1回につき25ポイントが付与されます。他にもポイントがもらえる条件はたくさんあり、Tカードと連動させることでポイントがどんどん溜まっていく仕組みとなっています。