ハロウィンの経済効果がバレンタインデーの1100億円を超えていた件

ハロウィンといえば、10月31日に行われる外国の恒例行事。

だから、ハロウィンなんて、日本と関係ない。
どうせ、よその国のイベントなんだろ、と私は思っていました。

でも、本当は??

はい、ごめんなさい。
全然、そんなことはありませんでしたね。。。

最近では、ハロウィンって日本でもメジャーなイベントです。

渋谷などの街で、ハロウィン当日にコスプレ衣装で仮装して歩いている若者たちがテレビで見られるようになり、我が国でも恒例行事として扱われつつありますよね。

一体、いつの間に、ハロウィンという行事は、市民権を得始めたのでしょうか??

今回は、そんなハロウィンの、知っているようで知らないその由来と、ハロウィンがもたらすとても大きな経済効果について語ります。

1、そもそもハロウィンって何なの?

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%80%80%e3%81%8b%e3%81%bc%e3%81%a1%e3%82%83

ハロウィンは、もともとはヨーロッパの『ケルト』と呼ばれる民族のイベント。

ケルト人は、1年の終わりを10月31日としており、日本でいう大晦日のような祭日として、感謝を込めたお祭りをしていました。

つまり、ケルト人にとっての大晦日がハロウィンにあたります。

そんなハロウィンでは、お化け衣装に仮装した子供たちが近所の家を訪ね回り、『Trick or treat(いたずらか、お菓子か)』と言って、お菓子をもらうイベントというイメージですよね。

でも、どうして、ハロウィンの日に、お化けの衣装に仮装するのか、その理由って存じでした?

お化けの衣装を身に付ける理由を一言で説明してしまうと、ケルト人は、お化け衣装に仮装することで、魔女や悪い霊から身を守ろうとしていたため、ということになります。

それなら、立て続けに質問です。

どうして、ハロウィンに魔女や悪い霊が出てくるのでしょうか??

ハロウィンは10月31日に行われるお祭りで、収穫祭としてだけでなく、冬の始まりという意味合いも持っています。ケルト人は、そんなハロウィンのとき、霊界の扉が開いて、死者が家族の元を訪れる、と信じています。
このとき、死者が家族の元を訪れるだけならよいのですが、悪い霊も一緒に出てくることになるんです。

さて。
聡明な方なら、もう、ハロウィンのときに、仮装する理由が分かったのではないでしょうか。

そうです。

ハロウィンのときに、私たちが怖いお化けの格好をするのは、この悪い霊たちを追い払うためなんです!

実は、このことを知っている人って、日本では意外と少ない。。。

日本のハロウィンは、ただ、単純にお化けの衣装に着替えて、歩く仮装パーティみたいな感じになっていますよね。
これは、日本にハロウィンを伝えたのが、アメリカ合衆国やイギリスだからです。

特にアメリカ合衆国では、ハロウィンは、仮装パーティをする恒例行事として祝われているだけで、そこにケルト人のような宗教色はありません。

日本におけるハロウィンが、ただの仮装パーティみたいな感じになっているのは、特にアメリカ合衆国の影響を強く受けているためだと考えられます。

2、ハロウィンの2016年の経済効果は?

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e7%b5%8c%e6%b8%88%e5%8a%b9%e6%9e%9c1

さて。
そんなハロウィンの経済効果と市場規模はどれくらいなのでしょうか。

バレンタインデーやクリスマスと比べて、まだ、広く認知されるようになって日が浅い印象があるハロウィンですが、その経済効果と市場規模について気になりませんか。

結論を言えば、2015年度の日本でのハロウィンの経済効果は1200億円ほどだとされています。

ちなみに、タイトルで既にネタバレをしていますが、

2015年度のバレンタインデーの経済効果は約1100億円ほどなので、ハロウィンの方がバレンタインデーよりも経済効果が100億円ほど高い

ということになります。

日本の人口を1億人だとすれば、2015年のバレンタインデー、ハロウィンではそれぞれ、国民一人あたり1100円、1200円ほど使わせている計算になるので、ハロウィンの経済効果はかなり高いことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

いかがですか。
ハロウィンって、すごくないですか。。。

さすがに、クリスマスの経済効果、約7000億円には敵いませんが、ハロウィンは、日本でも、中々大きなイベントになりつつあることを実感して頂けていることかと思います。

行事2015年の経済効果
ハロウィン約1200億円
バレンタインデー約1100億円
クリスマス約7000億円

私としては、ハロウィンの経済効果がバレンタインデーに勝っていたことはかなり意外でした。

これについては、バレンタインデーで売れるものの多くが、チョコレートであることに対し、ハロウィンの場合は、お菓子が売れるだけでなく、コスプレグッズや玩具なども売れるからかもしれませんね。

そうです。
ハロウィンの方が、バレンタインデーよりも売れるものが幅広いのです。

さてさて。
今年のハロウィンの経済効果はどのようになるのでしょうかね。

2016年は『スーサイド・スクワッド』というアメコミ映画がブレイクしていることもあり、この映画に出てくるキャラクターであるジョーカーとハーレイ・クインのコスプレをハロウィンでする人も多いのだとか。

このような大ヒットアメコミ映画の登場も、2016年のハロウィンがもたらす経済効果の貢献に一役買いそうですよね。

3、ハロウィンの広がり続ける市場規模

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e7%b5%8c%e6%b8%88%e5%8a%b9%e6%9e%9c

実は、バレンタインデーを凌ぐハロウィンの経済効果ですが、いまだ、市場規模はどんどんと成長し拡大していっているんです。

【拡大し続けるハロウィンの市場規模】

市場規模
2011年約600億円
2013年約1000億円
2015年約1200億円

↑の表を見てもらえればお分かり頂けるかと思いますが、2011年から2013年までのたったの2年で、ハロウィンの市場規模は、2倍以上の成長を遂げています。

2011年から2013年の間で、ハロウィンは国民の行事として一気に定着しました。
そして、2015年も伸び調子です。

なので、2016年以降も、2011年から2013年までの市場規模の拡大とはならなくても、まだまだある程度は伸びると考えられるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ハロウィンは、元々はヨーロッパのケルト人が、かれらにとっての1年の終わりである10月31日をお祝いする行事でした。

しかし、ハロウィンを宗教色の薄いお祭りごととして楽しむアメリカ合衆国が、ハロウィンを日本に伝えたことが由来で、日本でも、ハロウィンは、アメリカ人と同じように、ただ仮装パーティをして楽しむような行事として定着しました。

ですが、単なる仮装パーティと侮るなかれ。
そんなハロウィンの経済効果は、2015年の時点で、バレンタインデーを1100億円を凌ぐ1200億円。

さらに、ハロウィンという行事の市場規模は、まだまだ伸びしろがあります。
今後も、ハロウィンの市場規模は、少しずつ拡大していくことでしょう。