じぶん銀行利用者が仮想通貨を始めるなら取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめな理由

近年、仮想通貨が流行していますよね。テレビやネットなどでも目にしない日は無いほどと言っても過言ではないでしょう。

じぶん銀行を利用している方の中にも、仮想通貨を始めたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
じぶん銀行利用者が仮想通貨を始めるにあたっておすすめの取引所が「bitFlyer(ビットフライヤー)」なんです!

こちらでは、なぜじぶん銀行利用者にbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめなのかなどについてお話していくことにしましょう。

仮想通貨とは?じぶん銀行でも仮想通貨の取引はできるの?

「仮想硬貨」という言葉は知っていても、実はよく内容を知らないという方も多いのではないでしょうか。
「仮想」という言葉が入っていることから、「大丈夫なの?」「怪しくないの?」と思ってしまう方もいらっしゃると思いますが、日本でも2017年の4月に、仮想通貨も普通のお金(法定通貨)と同じように通貨としての価値を持つものであるときちんと認められているものなのです。

仮想通貨と普通のお金(法定通貨)との違いは?

仮想通貨は普通のお金とどう違うの?と疑問に思う方も多いと思いますが、違いはいくつかあります。

分かりやすい違いとしては、仮想通貨には普通のお金にように現物があるわけでなく、電子データのみがインターネット上でやり取りされるという点がまず挙げられるでしょう。
普通のお金なら紙幣や硬貨など形がありますが、仮想通貨には形がありませんよね。
しかし形が無くても、仮想通貨は普通のお金と同じように価値を持っています。

また、普通のお金(法定通貨)は国や中央銀行などによって発行され、その価値を保証されていますが、仮想通貨は国や中央銀行などが発行したものではなく、国などによって価値が保証されていないという点も大きな違いの一つでしょう。
これはデメリットのようにも思えますが、国の経済の影響を受けないと考えると、メリットであるとも言えます。

さらに、仮想通貨はあらかじめ発行の上限が決まっているという点も、普通のお金との違いと言えるでしょう。
普通のお金は流通量が管理されているものの、発行数が決まっているというわけではありません。
しかし、仮想通貨の場合にはあらかじめ発行の上限が決められています。
発行に上限があることにより、仮想通貨の価値が下がってしまうのを防ぐ効果があるのです。
ただし、仮想通貨は法定通貨に比べると価格変動が激しいという特徴もありますから、その点は理解しておく必要があります。

仮想通貨は送金にかかるコストが抑えられ、そのうえスピーディーに送金できるという特徴があります。
普通のお金の場合には金融機関を経由するため、送金にはどうしても高額の手数料がかかってしまいますよね。そのうえ日数も長くかかるのが一般的です。
仮想通貨の場合には個人間のやり取りで仲介の必要が無いため手数料が安く済み、スピーディーに送金することが可能なんです。

じぶん銀行でも仮想通貨(ビットコイン)の取引が可能!

一口に仮想通貨と言っても、実はたくさんの種類があります。その中でも市場規模が大きく知名度も高いのが「ビットコイン」です。
仮想通貨という言葉と同じように、ビットコインという言葉も毎日のようにテレビやネットなどで見かけるという方が多いのではないでしょうか。

ビットコインはビッグカメラなどをはじめ、日本でも決済に使用できる企業が徐々に増えてきています。
今後はさらに一般的になっていくと言われているんですよ!

クレジットカードなどのように個人情報を渡すことなく取引ができますし、紙幣や硬貨のいらない電子データのみの取引ですから、例えば飲み会や食事会の割り勘などというシーンでも、便利に使うことができそうですよね。

じぶん銀行の口座を持っている方は、ビットフライヤー(bitFlyer)(ビットコインの取引所)を使うことによってお得に手軽にビットコインの入出金をすることが可能です。
じぶん銀行ユーザーの方でこれから仮想通貨を始めたいという方はぜひ注目してくださいね。

じぶん銀行を利用している方なら取引所は断然「ビットフライヤー(bitFlyer)」がおすすめ!


じぶん銀行で仮想通貨を始めるなら、ビットフライヤー(bitFlyer)が断然おすすめ!
それはなぜかというと、24時間365日、ビットフライヤー(bitFlyer)との間でリアルタイム入出金ができるサービスがあるからなんです。

これは、ご自分のじぶん銀行の口座と、ご自分のビットフライヤーのアカウントとの間で即時に取引が反映されるサービス。
取引したいタイミングを逃がすことがないので安心ですよね。

ビットフライヤー(bitFlyer)とは?

ここで、ビットフライヤ―(bitFlyer)についても触れておきましょう。
ビットフライヤー(bitFlyer)とは、2014年4月にサービスを開始した日本で初めてのビットコイン販売所(取引所)です。
ビットコインを安全に取引するためには、ビットフライヤー(bitFlyer)のような販売所(取引所)を利用するのがおすすめです。
ビットフライヤー(bitFlyer)ではビットコイン以外にも、各種仮想通貨を取り扱っています。

ビットフライヤー(bitFlyer)に登録をするのは難しそうだな・・・と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウント開設は基本的にメールアドレスだけでOK!
初心者の方にも、簡単にアカウントを作ることができるんです。

しかも、ビットフライヤー(bitFlyer)ならたったの1秒での送信が可能!
友人などに送金をする際にも、ビットコインアドレスを入力することなく送金できるため、ストレスがありません。

ビットコインって安全性はどうなの?という点が気になっている方もいらっしゃると思いますが、その点もビットフライヤー(bitFlyer)なら大丈夫なんです!
最高の強度を誇る次世代暗号「DigiCert」が使用されており、入出金に関しては人が直接確認をしています。さらに、オフラインで管理するコールドウォレットでビットコインを保管しているので安心です。

じぶん銀行とビットフライヤー(bitFlyer)の「リアルタイム入出金サービス」の利用方法とは

じぶん銀行とビットフライヤー(bitFlyer)のリアルタイム入出金サービスを利用するためには、ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントを持っている必要があります。

さらに、ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントにじぶん銀行の口座を、リアルタイム入出金用の口座として登録する必要もあります。
この設定は、ビットフライヤー(bitFlyer)のパソコンサイトから行いましょう。

リアルタイム入出金が利用できる時間は、基本的に24時間365日!
ただし、毎月第2土曜日の21時~翌朝の7時までの間はメンテナンスを行いますので、この時間には利用ができません。
そのほかにも臨時でじぶん銀行やビットフライヤー(bitFlyer)のメンテナンスなどが入る可能性があり、その場合にはその間は利用ができません。
利用にはビットフライヤー(bitFlyer)所定の手数料がかかります。

じぶん銀行ではビットキャッシュも買える!


オンラインゲームやSNS、電子書籍などに使用することができる「ビットキャッシュ」
名前だけ聞くとビットコインに似ていますが、こちらはコンビニなどでも気軽に購入ができる電子マネーです。

このビットキャッシュも、じぶん銀行で購入することができます。
購入するためには、携帯電話やスマートフォンなどからe-idへアクセスしましょう。
そして電子マネーの中から、ビットキャッシュを選択します。
支払方法でじぶん銀行を選択し、空メールを送信して申し込みをしましょう。
e-idから折り返しメールが届いたら、メール内のURLをクリックしてじぶん銀行で支払いを行います。

じぶん銀行を利用している方が仮想通貨を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめな理由についてお話してきました。
じぶん銀行の口座とビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントがあれば、24時間365日リアルタイムで入出金が可能です。
これから仮想通貨を始めたいと思っている方は、ぜひこのサービスをチェックしてくださいね。

※株式会社三菱東京UFJ銀行は2018年4月1日に社名が株式会社三菱UFJ銀行に変更になりました。