じぶん銀行カードローンの返済、もし遅れたら?ケース別で解説

KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資会社であるじぶん銀行。
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、インターネット銀行であるがゆえの金利のお得さや、申し込みや契約がネットで完結する点などが魅力のカードローンです。

全国のコンビニATMから手数料無料で利用できますし、利用明細が自宅に郵送されないため、内緒で借りたい方にもおすすめと言えるでしょう。

じぶん銀行カードローンを利用している方の中には、ついうっかり返済を忘れてしまったことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。
じぶん銀行カードローンの返済が遅れた、滞納してしまったという場合、どのようなことが起こるのでしょうか。こちらで詳しくお話していきましょう。

【じぶん銀行カードローンの返済方法について】


じぶん銀行カードローンですが返済方法は主に2種類あります。
2種類とも手続きは簡単で快適に返済をしていくことが可能となっております。
返済方法に注目してじぶん銀行カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ATM返済

じぶん銀行カードローンのカードを各ATMを使って返済していくという比較的オーソドックスな返済方法です。

じぶん銀行カードローンの返済方法が出来るのは

・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・E-net
・ローソンATM
・ゆうちょ銀行

などといったATMと提携を結んでいるため
コンビニや郵便局に用事があったときについでに返済できるといったメリットもあります。

しかもじぶん銀行カードローンは
返済手数料も無料となっているため、ATMによる返済もしやすくなっておりますし、
24時間365日、原則的にいつでも返済することが出来るため、返済方法に関して煩わしい思いをすることなくスムーズにお金が返済できるでしょう。

自動支払い

じぶん銀行の口座を持っていると自動支払いによる返済方法があります。
事前に申し込みをしておく必要はありますが自動支払いの形で返済方法があるのでATMに足を運ぶことなく、全く苦労することなく返済ができるでしょう。

返済日までにきちんとお金を振り込んでおけば、返済日当日に慌てて入金する必要もないですし、仕事などに追われていて、返済が出来ない状況下でも、自動支払いでしたら安心して返済を継続していくことができるでしょう。

自動支払い返済に関しては、毎月手間なく、他の銀行口座から資金を取り寄せるといったサービスも行っております。
じぶん銀行以外の銀行口座に収入などが振り込まれるという方の場合、普通でしたら、その収入分からじぶん銀行への返済額を振り込む必要があります。
それが、じぶん銀行でしたら、収入が振り込まれる口座からじぶん銀行の口座に返済額が振り込まれます。
つまり、収入が振り込まれている間はずっと返済額が自動で振り込まれる。
そして、返済手続きも自動で返済額が振り込まれます。

返済に際して、何もすることなく返済が完了しますので、全く手間がかからない返済方法がご利用いただけるのがじぶん銀行カードローンのメリットとなっております。

【じぶん銀行カードローンの返済額はいくら?】


じぶん銀行カードローンも銀行ですから返済額がいくらくらいになるか不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

じぶん銀行カードローンですが、最低返済額という返済額を設定しており、その返済額以上の返済をしていれば、あとは任意で返済すればいいという形式をとっております。

これは他の銀行・消費者金融と同じような返済額設定といえるのですが
じぶん銀行カードローンは最低返済額も低く柔軟に返済をしていくことが可能となっております。

じぶん銀行カードローンの最低返済額は月2,000円~という設定になっており
10万円借り入れ金額が増えて行く度に2,000円ずつ加算されていくというシステムになっております。
とりあえず、最低返済額を支払っていれば問題はないため、2,000円程度支払うことで返済日も終えられるため返済も安心して行っていけるでしょう。

最低返済額も少額ですし、自動支払いでしたら返済手続きも全く面倒ではないので
じぶん銀行カードローンは返済しやすい銀行カードローンといえるでしょう。
ぜひじぶん銀行カードローンでお金を借りて期日通りに返済していきましょう。

【じぶん銀行カードローンの返済日はいつ?】


じぶん銀行カードローンを利用する前に返済日についても抑えておけば、より安心してローンサービスを利用していけるでしょう。

じぶん銀行カードローンには返済日サイクルが2種類あります。
返済方法などによっては制限されることもあるのですが、基本的には選ぶのは利用者側の自由ですのでご自身の好きな返済日サイクルの方を選びましょう。

一つ目は期日指定返済といって毎月の返済日を皆さまが指定して返済することが可能となっているのです。
土日・祝日の場合は翌営業日の返済となりますので、その点はご了承ください。

もう一方は35日ごとの返済が選べます。
返済していって、35日経つたびに返済日がくるというシンプルな返済サイクルとなっているのです。
こちらも返済日が土日・祝日となっていると翌営業日の返済となります。

どちらの返済日を選ぶかは自由なのですが返済方法によって返済サイクルは変わってきます。
35日ごとの返済サイクルはATM返済のみ利用できます。
期日指定返済にしたいということでしたら自動支払い返済をしていただければと思います。

じぶん銀行カードローンの入金忘れた!という場合どうなるの?


じぶん銀行に口座をお持ちの方の中には、じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の返済方法を自動支払返済にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような場合、返済日にじぶん銀行の残高が足りなかった!というミスも起こりがちですよね。
入金を忘れて残高が足りなかった場合、どうなってしまうのでしょうか。

じぶん銀行の残高不足の場合は?

じぶん銀行に返済する分のお金を入金するのを忘れてしまった場合には、気付いた時点ですぐに自分の口座に入金しましょう。
当日の18時までに入金をしておけば、再度返済金額を引き落とし処理してくれるようですよ。

しかしそれを過ぎてしまった場合には口座からの引き落としはできなくなってしまいますから、ATMですぐに返済をしましょう。
このとき、遅れてしまった日数分の遅延損害金も一緒に支払わなければなりません。
遅延損害金についてはまた後程詳しくお話しますが、良くわからないという場合にはローンセンターへ電話で問い合わせすると安心ですね。

定期自動入金サービスを利用するのが便利!

給与振込口座がじぶん銀行の口座ではないなどの理由で、引き落とし日の前に毎月の返済分をじぶん銀行に移動しなければならないという方も多いと思います。
そのようなケースでは、うっかり入金を忘れてしまうことも多いですよね!

うっかり入金を忘れてしまう方におすすめなのが、他行の口座から資金を取り寄せることができる「定額自動入金サービス」です。
これは毎月6日か26日に、他行からじぶん銀行のご自分の口座へ一定額の資金を振り込むことができるサービス。
手数料は無料で、毎月1万円から指定が可能です。
移動するお金は他行での引き落とし日から4営業日後にじぶん銀行の口座に振り込まれますから、返済日に間に合うように注意しましょう。

都市銀行やゆうちょ銀行、ネット銀行、地方銀行、信用金庫の多くの金融機関が対象となっていますから、利用したい方はご自分が資金の取り寄せを行いたい金融機関が対象になっているかどうか早速調べてみてくださいね。

じぶん銀行カードローンの支払いが遅れる時はどうしたらいい?


じぶん銀行カードローンの返済にどうしても遅れてしまいそうだという場合には、早めにローンセンターへ連絡をして指示を仰ぎましょう。

どっちみち返済が遅れてしまうことには変わりありませんが、黙って遅れるよりもしっかりと連絡をしておいた方が印象が良くなる可能性があるでしょう。

じぶん銀行ローンセンターの営業時間は平日の9時~20時、土日祝日の9時~17時となっています。
電話番号は0120-926-222です。

じぶん銀行カードローンの返済遅れをしてしまった場合「遅延損害金」を支払う必要が

じぶん銀行カードローンの返済が遅れてしまった場合、「遅延損害金」を支払わなければなりません。
遅延損害金は、遅れてしまった日数分支払います。
したがって返済時に払う金額は、遅れた日数分の遅延損害金に約定返済額(月々の返済額)をプラスしたものとなります。

じぶん銀行カードローンの遅延損害金はどのくらい?

じぶん銀行カードローンの遅延損害金は「年18%」となります。
遅れてしまった日数分支払いますから、計算式は

借入金額×0.18(18%)÷365×遅れた日数

となります。

もし10万円の借入残高があり3日間返済が遅れてしまった場合には

100000×0.18÷365×3=約148円

ということになりますね。

数日の遅れの場合には少額の遅延損害金で済みますから、早めにローンセンターへ連絡しましょう。
「遅れちゃった!多額のお金を支払わなきゃいけなくなったらどうしよう・・・」などと焦ってしまい、怖くてなかなか問い合わせをしないでいると、どんどんと金額が増えていってしまいますよ。

じぶん銀行カードローンを延滞してしまった!どんなことが起こる?


じぶん銀行カードローンの返済を延滞してしまった。
これからどうなるんだろう、遅延損害金以外にも何かデメリットがあるのだろうか・・・など、不安になってしまいますよね。
返済の延滞があるとどのようなことが起こるのか、見ていきましょう。

追加の借り入れができない

これは当然のことかもしれませんが、延滞をしてしまうとその間はじぶん銀行カードローンでの追加の借り入れはできません。
そして状況によっては、延滞していた分を返済をしてもその後の取引ができなくなってしまう可能性がありますから、長期間の延滞、繰り返しの延滞などはしないように注意しましょう。

クレジットカードが作れなくなったり各種ローンが組めなくなったりするかも?!

じぶん銀行カードローンの返済を延滞してしまうと、困るのは追加の借り入れができなくなることだけではありません。
実は、他のローンを組むときやクレジットカードを作る時などにも悪影響を与えてしまうのです。

ローンやクレジットカードなどの返済を延滞すると、私たちの各種ローンやクレジットカードなどの利用状況が登録されている「信用情報機関」に延滞についての情報が載ってしまいます。
そしてその情報は、一定期間消えません。それぞれの信用情報機関によって情報が消えるまでの期間は異なりますが、5年程度は残る可能性があると思っておきましょう。

ローンを組んだりクレジットカードを作ったりする時の審査では必ずこの信用情報機関の情報(クレジットヒストリー)をチェックされることになりますから、ここに延滞の情報があると当然審査に通らない可能性が高いでしょう。
つまり、他社のカードローンやクレジットカードなどを新たに利用するのは難しいということになります。

それだけではありません。じぶん銀行カードローンの返済を延滞してしまい、信用情報機関にその情報が記録されてしまうと、住宅ローンや自動車ローンなどの審査にも通りにくくなってしまいます。
これらのローンが組めなくなると家族にも迷惑をかける可能性がありますし、今後の人生設計が狂ってしまうかもしれませんよね。

じぶん銀行カードローンの返済を延滞してしまうと思った以上にデメリットが多いですから、計画的に利用をしてくれぐれも延滞をしないように注意してください。

じぶん銀行カードローンの滞納はいつまでなら大丈夫?


信用情報機関に情報が載ってしまうとはいえ、数日の滞納くらいなら大丈夫だろう・・・と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、数日の遅れの場合は信用情報に影響を与えない可能性も高いですが、それはあくまでも金融機関の判断によりますから、絶対に大丈夫だとは言い切れません。
一度だけうっかり・・・なら大丈夫でも、数日の遅れを何度も繰り返しているような場合には、信用情報機関に延滞の記録が載ってしまうこともありますから注意しましょう。

一般的には、61日以上、または3ヶ月以上の返済の遅れで延滞となり、信用情報機関に「異動」が記録され、いわゆるブラックの状態になります。
とはいえ、先ほども申し上げた通り2~3ヶ月遅れなければ絶対に問題ないと思い込んでしまうのは危険です。特に35日ごとの返済の方は毎月返済する日にちがずれていきますから、ついうっかり返済日を忘れないように注意する必要があるでしょう。

返済日をつい忘れてしまうという方は、返済日3日前と返済日当日にメールでお知らせをしてくれるサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
設定は会員ページで行うか、ローンセンターに電話で問い合わせをしましょう。

じぶん銀行カードローンの返済が遅れると督促の電話がかかってくるの?


じぶん銀行カードローンの返済が長期間遅れると、そのうちに電話での督促が来るようになります。
「督促」と聞いてしまうとドラマで見るような恐ろしいものを想像してしまうかもしれませんが、そのような感じではありませんのでとりあえずは安心してください!

返済が滞っていることを伝えられ、いつ返済できるかということを聞かれることになります。
いきなり怖い電話がかかってくるわけではありませんから、電話にはきちんと出るようにしましょう。

ただし、別に怖いことをされるわけじゃないから返済しなくてもいいや・・・というのは絶対にダメです。
先ほどもお話した「遅延損害金」がどんどんと膨らんでいきますし、最終的には裁判所に訴えられることになる可能性もあります。ですから、できるだけ早めに返済をしてくださいね。

じぶん銀行カードローンの返済が難しくなったら「任意整理」をするという手も


返済が大幅に遅れると、先ほども申し上げた通り裁判になってしまうケースがあります。
そして最終的に給与の差し押さえや一括返済などを要求されることになってしまう可能性もあるのです。

しかし、返済しなければ大変なことになるのは分かっていても、事情があってどうしても返済ができないという方もいらっしゃると思います。
そのような場合には「任意整理」をするという手もあります。

債務整理には自己破産、任意整理、特定調停、個人再生などがありますが、特に自己破産にはデメリットも多く、安易に行うのは危険です。
裁判所を通さず弁護士や司法書士などにお願いし、債権者と交渉する「任意整理」なら、デメリットが少なくかかる期間も短くて済みますから、検討してみても良いのではないでしょうか。

じぶん銀行カードローンで過払い金は発生する?


テレビやラジオのCMなどでよく「過払い金」という言葉を耳にしますよね。
過払い金とは、簡単に言ってしまえば金融機関に払いすぎてしまった利息のこと。

現在は出資法、利息制限法ともに上限金利は年20%となっていますが、以前は利息制限法の上限金利が年20%、出資法の上限金利は年29.2%と差がありました。
そのため金融機関の中には2006年~2007年ごろまで利息制限法の上限金利である年20%を超える利息を取っていた金融機関もあり、その差額が「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

このグレーゾーン金利に当たる部分のお金が「過払い金」と呼ばれているものです。
過去に年20%を超える金利を支払っていた場合、その分のお金(過払い金)を金融機関から返還してもらうことができます。
つまり、2010年よりも前に金融機関から借り入れを行っていた方の中には、金融機関に対して過払い金が請求できるケースもあるということになりますね。

ただし、過去に年20%以上の金利を取っていたのは一部の消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などとなりますから、それ以外の金融機関からの借り入れの場合には、過払い金は発生しないことになります。
ですから、じぶん銀行カードローンの場合には過払い金は発生しませんので注意してくださいね。

じぶん銀行カードローンの返済に関して解説させていただきました。
冒頭でも述べましたように、ローンサービスを利用するうえでは、借り入れもそうですが、返済に関してもきちんと気を配らないと快適にご利用いただけません。

返済がスムーズに出来ない借り入れ先を選んでしまい、返済を滞らせてしまうと
後々のローン利用やクレジット審査などに関しても悪影響を与えかねません。

返済がスムーズにできるじぶん銀行カードローンを使って、ローンを利用してみてはいかがでしょうか。

※株式会社三菱東京UFJ銀行は2018年4月1日に社名が株式会社三菱UFJ銀行に変更になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です