コンビニ業界2番手、ローソンが銀行をつくる理由とそのビジネスモデル

皆さんは、ローソンが銀行をつくろうとしているって知っていました?
コンビニエンスストアの銀行といえば、セブン銀行がお馴染みですが、ローソンもセブンイレブンと同じように、金融業界に参入する計画を立てています。

今回は、そんなローソン銀行の気になる疑問を解説しますね。

ローソン銀行はいつからできるの?

kasaiyさん(@kasaiy)が投稿した写真

ローソンは、自分たちの銀行であるローソン銀行をつくるために、まずは、銀行事業を検討するための準備会社を設立し、その会社で具体的な方針を立てていく予定のようです。

その準備会社の設立が、2016年11月下旬となります。
ちなみに、資本金および資本準備金は10億円、出資比率はローソンが95%、三菱東京UFJ銀行が5%。

実際にローソン銀行ができるのは、まだ当分先の話にはなりそうですね。
ローソンによれば、ローソン銀行は、2018年中の実現を目指しているとのこと。

なぜ、ローソンは銀行をつくるの?

DAIさん(@regulus_0810)が投稿した写真

それにしても、どうしてローソンは銀行をつくろうとしているのでしょうか。

これについては、ローソンによれば、利用客の利便性の更なる向上のために、ローソン自身の銀行が必要だと考えているみたいです。

ローソンの発表によれば、

『全国1万2,648店舗(2016年9月現在)の拠点を活用し、顧客の利便性につながり、コンビニと銀行のシナジー効果を発揮できるような新サービスを検討していきたい』

とのこと。

シナジー効果というのは『相乗効果』のことで、コンビニと銀行の相乗効果といえば、ローソンならではの金融商品を作りたいのかな、と思いました。

コンビニは、ATMが置いてあり、そこでお金を引き出したり、入金したりする人がたくさんいるわけです。なので、もし、コンビニと銀行が一つの場所にあれば、お店の商品を買ったり、銀行の定期預金をつくったり、カードローンの契約をしたり、振込手続きをしたりすることが一緒にできます。

また、ローソン銀行の口座を持っている人限定で、クーポンなども発行すれば、それを使って商品を買う人も増えるので売上げが更に上がりそうですよね。

実際、ローソンも

・コンビニでの口座作成
・資金決済機能(振込み・口座振替)
・口座を持っている人にポイントやクーポンの付与

上のようなサービスを、ローソン銀行では提供することを考えています。
なので、ローソン銀行ができれば、よりコンビニ利用者の利便性は向上すると考えて良いでしょう。

ローソン銀行のモデルはセブン銀行?

yochiさん(@yochisaku2)が投稿した写真

日本のコンビニ銀行のパイオニアといえば、セブンイレブンのセブン銀行です。

セブン銀行は、コンビニ事業と併せて、セブン&アイ・ホールディングスの営業利益の大部分を生み出しており、成功している銀行と言っても良いでしょう。

よって、コンビニと銀行のシナジー効果については、既にセブン銀行という格好のモデルがおり、その効果のほどは証明されているわけです。

少し言い方は悪いかもしれませんが、セブン銀行の成功にならって、ローソンがローソン銀行をつくることで、コンビニ銀行という分野における二匹目のドジョウを掬おうと試みたとしとしてもおかしくありません。

ちなみに、セブン銀行の2015年度の決算書は、経常収益が1104億円、経常利益は390億円です。

これだけの利益が出せるのだとすれば、ローソンも自身の銀行をつくるメリットは十分にあると言えるでしょう。

ですが、ここでちょっと意外な情報が。
実は、セブン銀行の収益の内訳は、1104億円の収益のうち1022億円がATM受入手数料なんです。

つまり、セブン銀行は、銀行でありつつも、融資やローンを主要な収益源とはしておらず、ATM受入手数料で稼ぎ出している、ということになります。

セブン銀行のATM受入手数料というのは、ATMの利用件数に応じた銀行などからの手数料のことです。
したがって、セブン銀行は、ATMを実際に利用している顧客から手数料をもらっているのではなく、セブン銀行のATMを、自分たちの銀行のATMネットワークの一部として利用している他の金融機関から手数料を頂戴することで利益を出していることになります。

確かに、セブン銀行は日本全国のATM台数は、2016年11月2日の時点で、なんと23037台です。
これだけの広いATMネットワークを持っているセブン銀行は、他の金融機関としては、是が非でも提携したい銀行に違いありません。

コンビニエンスストア2番手であるローソンも、規模はセブンイレブンには劣るものの、全国に1万2,648の店舗があります(2016年9月の時点)。

なので、他の金融機関にとって、放っておけない存在になりそうですよね。

もし、ローソン銀行が、セブン銀行のようにATM受入手数料によって成功を収めようとするのならば、今後、ATMの数をどれだけ拡大できるかにかかっていると考えて間違いなさそうです。

💕sさん(@ji_ka.layout)が投稿した写真

いずれ、セブン銀行のように、セブンイレブンの中だけでなく、駅の中にも↑ローソンのATMが見られる未来もありえるかもしれませんね。